happy family. mother and baby little girl hugging産後ママのお悩みと言えば、まず体形戻し、睡眠不足。それに並んで肩こり腰痛、つらいですね。育児や授乳は常に中腰や前かがみの姿勢。それに、ゆっくり湯船につかったり、ストレッチする時間もとれなくて、気づいたら体じゅうバキバキにこっていた、ということも。

マッサージに行く余裕なんてもっとない!という時に、手軽なのがドラッグストアで手に入る一般的な湿布や肩こりローション。でも、においやその鎮痛成分、気になりませんか?

最近はにおいがきつくないものなどが増えてきましたが、鎮痛成分がついた手でそのまま赤ちゃんのお世話をしたり、肌だけでなく、目や口にさわることもあったりするのは心配なもの。まして、スーッとするにおいがするものは、直接触れなくても、赤ちゃんがいやがるんじゃないかと、気になることもありますね。

それではどうやって、産後ママの肩こり腰痛対策をしたらいいのでしょう。

「授乳の姿勢に慣れなくて、首肩から背中、腕もガチガチに凝ってとても痛いですが、マリエン薬局の[IRIS2]肩こり・腰痛用ローションを塗ったあとは少しすーっと温まって、なんとなく楽になります。忙しすぎて1日1度くらいしか塗れていないので、落ち着いて用法通りに 使うのが楽しみです。」(千葉県  タナカ様)

「効き目が早くてびっくりです。マリエン薬局の[IRIS2]肩こり・腰痛用ローションを塗ってすぐに肩と首のこりがすーっと楽になります。もともと肩こりがひどい上に乳児の世話でさらにバキバキにこっているのですが、毎晩ローションを塗り、昼間も思い出した時に塗るという生活をしばらく続けて、慢性的なこりが改善されてきたように思います。マッサージに行く回数が減らせればお財布にも優しいです。」(東京都  tokoko様)

「私は気圧の変化に敏感で、雨が降る前などに体がこわばることがあります。ひどいときは体のこわばりから頭痛に変わることもあります。[IRIS2]肩こり・腰痛用ローションを少しこわばり始めた段階でつけたところ、じんわりぽかぽか。ゆっくりとこわばりが解け、頭痛にはなりませんでした。抱っこ抱っこの要求が多い2歳児と過ごす週末は、これが手放せません。腕、肩、腰は自分で塗り、背中は子どもに塗ってもらっています。」(千葉県  R.Y様)

マリエン薬局の[IRIS2]肩こり・腰痛用ローションは、細胞と細胞の間の伝達物質に直接働きかけて血行を促します。単に痛みをブロックすることではなく、血流をよくしてコリの根本原因から改善していくのが[IRIS2]肩こり・腰痛用ローション

詳しくは商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!