産後間もなくのころは、母乳不足で悩むママも少なくありませんね。でも、初めからスムーズに母乳が出るママもいます。この違いはなんなのでしょう?母乳不足用のハーブティーを飲むだけで解消できるものなのでしょうか?母乳不足解消の秘訣はホルモンの分泌にありました。

母乳不足を解消するには?原因はホルモン分泌の乱れ

iStock_000056953712_Fulls-min人間も哺乳類です。病気の治療などで制限がある以外は、母乳自体は出るはずのものと思っていいでしょう。ではなぜ母乳不足は起こるのでしょう?

母乳が出る仕組みは、ホルモン分泌と関係しています。プロラクチンという母乳を作る命令を伝えるホルモンと、オキシトシンという母乳を出す命令をするホルモンが、バランスよくしっかり分泌されることが大切です。プロラクチンもオキシトシンも、仕組みとしては、産後間もなくからたくさん分泌されることになっています。でも、それがうまくいかないと母乳不足ということが起こります。

かつて日本では、産後に餅を食べると母乳の出がよくなると言われました。これは食生活が貧しかった時代に、カロリーが高い餅を食べることがいいとされたことからでしょう。でも、今の日本は基本的に栄養が足りている人が多いもの。それなのに母乳不足になる理由はリラックスできているかどうか、が大きく関係しています。ホルモン分泌がうまくいき、母乳不足が解消するには、心身ともにくつろいでのびのびしていることが大切だからです。

産後初めての育児になかなか慣れることができないことは当然のこと。抱っこをするたびに肩がこり、手首を痛めてしまうこともあります。お産の疲れも解消しないまま、肩こりや腱鞘炎の痛みを解消せず耐えながら、泣いたら抱っこする生活をしていると、それだけで気持ちまで緊張して、体がこり固まってしまいます。さらに、緊張した状態で抱っこすると、赤ちゃんはますます泣いて悪循環ということも起こります。

もうひとつ、生後すぐの赤ちゃんはまだ眠りのサイクルも短く、3時間続けて眠れば十分、ということも。ママも同じ短いサイクルでも、すぐに寝つくことができて眠りも深ければいいのですが、睡眠がうまくいかないとひどい寝不足になります。寝不足で、起きている時はいつも緊張している…、これではホルモン分泌もスムーズにいきそうにありません。

解消のためにまずリラックス。そのためにハーブティーなど借りられるヘルプは全部利用したい!

iStock_000020726955Mediums-minこのように母乳の出具合をよくするためには、心身ともにリラックスできる環境をつくることが大切です。よく泣く赤ちゃんで、昼も夜もぐっすり眠れないのならば、パパに夜の寝かしつけだけでも代わってもらったり、日中数時間でも、ママのお母さんや親しい友だちに手伝いにきてもらいましょう。ママ自身の体をリラックスさせるために、自分が好きな香りや音楽、ハーブティーなどのティータイムを楽しんだり外の景色を眺めてホッとする時間をつくることもいいですね。

まだ産後1カ月健診の前で、入浴ができなかったり、ゆっくり湯船に浸かることができないような時には、足浴や手浴などで体を温めることもおすすめです。血行がよくなると、緊張していた心や体の疲れも解消してきます。

もちろん、母乳マッサージなどに通うことも一つの道かもしれませんが、毎週や毎月通うのもそれなりの労力やお金もかかるもの。自分で乳房のケアができるようになると、とても楽にもなります。そのために、自分自身がリラックスできるような、赤ちゃんにも安心して使えるマッサージオイルを探しておくといいでしょう。

そして一番大事なのは、やはり授乳すること自体に慣れること。これだけは数をこなさないと慣れていきません。頻繁に赤ちゃんに吸ってもらうことでプロラクチンが分泌して授乳が軌道に乗ってきます。まずは心身ともにリラックスして、いろいろ試してみると良いですが、それでも悩みを抱えている以上、ついがんばったり緊張してしまうこともある多いでしょう。

がんばらないで母乳不足を解消するハーブティーでのセルフケア

がんばらないで母乳不足を解消するのに有効なのはリラックス作用もあるハーブの入ったハーブティーを飲むという方法です。ティータイムはリラックスできるもの、そしてリラックスできる成分も含まれたものであればより一層リラックス効果は高まります。さらには、「母乳を作る作用」と「母乳の流れを良くする作用」する成分も含まれていると良いでしょう。

ここで重要なのはそのハーブが、実際に有効となりえる品質のハーブとなっているかどうかです。というのも、日本で流通しているハーブは、ほとんどが食品か嗜好品のもので、これらには有効成分の検査は義務付けられていないのです。

また、あまり知られていないのですが、無農薬とうたっているものでも、一部の農薬に限っては使用していても無農薬と表示することが許可されています。やはり、農薬などが含まれたハーブティーを飲むのは不安ですよね。そこで、救いとなるのはメディカルハーブティーです。

効果のある安全・安心なメディカルハーブティー

メディカルハーブとは、嗜好品としてのハーブとは違い、安全性はもちろん、医薬品レベルの効果が期待される成分基準をクリアしたハーブ。EUやドイツの薬局方の厳しい基準をクリアするには、オーガニックであることはもちろん、成分の分析結果、さらに品質管理の質まで問われ、まさに「薬草」と呼べるもの。中でもマリエン薬局のメディカルハーブはさらにマリエン薬局の独自の厳しい基準(農薬、化学物質、細菌重金属、放射能チェック)を設けてクリアした、世界的にも最高品質の安心して使用できるメディカルハーブです。
img03
日本でもその効果と安全性は実証されています。専門医師・産婦人科・助産院・一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA)の協力・監修のもとで、授乳中の日本の女性に対して効能評価試験を実施しました。(2016年8月~12月実施)協力を得られた3院にて、授乳期間中の母親(母乳不足51名、乳腺炎58名)を対象としたアンケートの回収を行い、飲用前と継続飲用後の状態の解析を行ったところ、以下の13項目で改善効果が認められました。

マリエン薬局ではメディカルな薬効成分の効果を持ちながらも、副作用のなく安全安心に母乳不足を解消する手伝いをしてくれる「授乳・母乳育児ブレンド」というハーブティーをご用意しています。

「授乳・母乳育児ブレンド」は、母乳を作る作用と流れを良くする作用のほか、リラックス作用もあるハーブをたっぷり配合。授乳中のお母さんの心身を解きほぐすとともに、赤ちゃんの心も穏やかに、安眠を誘います。母乳不足から母乳過多、乳腺炎まで、母乳に関するあらゆるトラブルに対応した、甘く優しい香りの母乳育児におすすめのハーブティーです。

また、”塗るメディカルハーブ”として、「授乳・乳腺炎予防オイル」というものもご用意しています。

「授乳・乳腺炎予防オイル」は天然成分の働きで、肌にいいだけではなく、母乳分泌を促進しつつ、乳腺の流れをよくする作用に優れたオイルです。甘くスパイシーなオリエンタル調の香りは、ママをリラックスさせ、母乳育児で起こりがちな、母乳不足や乳腺炎など、トラブルの予防・解消に役立ちます。もちろんこちらは赤ちゃんが舐めても安全で、拭き取り不要なおっぱいに塗れるものです。

母乳育児を軌道に乗せたい、頑張っても母乳不足がつづきつらい、そんな時に心も体もリラックスしながらホルモン分泌を促す母乳不足を解消するハーブティー、授乳・母乳育児ブレンドはサポート役としてぴったり。また、母乳不足を解消する授乳・乳腺炎予防オイルを併用することで身体の内側からのケアと外側からのケアでダブルにサポートし頑固な母乳不足も解消へ導きます。

マリエン薬局は母子ともにストレスフリーで頑張らない母乳育児を応援しています。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ


マリエン薬局「授乳・母乳育児ブレンド」
母乳不足の解消のためのメディカルハーブティーなら
授乳・母乳育児ブレンド

母乳不足解消のためのハーブティー
授乳・母乳育児ブレンド はこちら >

マリエン薬局「授乳・乳腺炎予防オイル」母乳不足を解消するマッサージオイルなら
授乳・乳腺炎予防オイル

母乳不足を解消するマッサージオイル
授乳・乳腺炎予防オイル はこちら >

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。


●関連記事
授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)が母乳不足にも母乳過多にも対応できる理由 その1 ~産後のママの体リズム~

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!