「season(季節の症状)/ item(アイテム)」カテゴリ記事一覧

10月
13

鼻風邪、放っておかないで! でも薬にも頼りたくない。妊娠中・授乳中、どうしたらいい?

P_iStock_000019701876XSmalls-min

鼻水や鼻づまり。鼻風邪は、のどの痛みや咳にくらべて、「このくらい平気」と思われがち。 鼻に入ってきたウイルスや細菌などの外敵と、鼻粘膜の細胞が闘っている状態が、鼻水が出ている鼻風邪の状態です。 これがやがて、外敵の力が優…

9月
7

その咳はもしかして秋の花粉症? 鼻とのど、両方ケアして予防するには?

Fotolia_73508359_Ms-min

花粉症というと、春先に飛ぶスギやヒノキ花粉がイメージされますが、夏から秋にかけてもイネ科などの花粉がたくさん飛びます。代表的なのが、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど。また、花粉症は鼻水・くしゃみ、目やにや目のかゆみといった…

6月
23

なぜ赤ちゃんばかり蚊は狙うの?安心な虫よけ対策で寝ている赤ちゃんを蚊から守ろう!

Mueckenlotion_R4_2-1s-min

一緒に寝ているはずなのに、赤ちゃんの方が蚊に刺されてしまうこと、ありますね。ママもパパも、蚊に刺されるのはもちろんいやだけど、赤ちゃんが刺されてしまうよりはずっとまし!と思ったりしませんか? だって赤ちゃんの肌は表皮がま…

5月
26

蚊と紫外線から赤ちゃんのデリケート肌を守れる安心成分ってどんなもの?

iStock_000000261851Mediums-min

赤ちゃんの皮膚は、まだまだ成長中で、大人の皮膚よりずっとずっと薄いのです。 ということはバリア機能も弱く、ちょっとした刺激でもトラブルが起こりがち。 ましてや、紫外線や虫刺されといった強烈な刺激を受けると、大人なら少し赤…

5月
24

安心も大事!効果も大事!蚊から赤ちゃんを守るには

P_iStock_000009775195XSmalls-min

蚊よけが必須商品になります。 スプレータイプや手首につけるリングタイプやシールなど肌につけるもの、屋内への蚊の侵入を防ぐものであれば、昔ながらの線香や電気式、吊るすものまで、種類が豊富すぎて、目移りしてしまうほど。 ディ…

7月
7

○○○が使われているのどの痛み用スプレーは妊娠中や授乳中は使えない⁉安心なのどの痛みや咳対策って?

K1-04_13

のどが痛い時にはのど飴をなめたり、のど用のスプレーでファーストケアをする、ということも多いでしょう。 ただ、そのスプレー、よく読むと妊娠中や授乳中は使用しないようにと書かれていることがあります。 その理由の一つは、ヨウ素…