「season(季節の症状)」カテゴリ記事一覧

5月
26

蚊と紫外線から赤ちゃんのデリケート肌を守れる安心成分ってどんなもの?

iStock_000000261851Mediums-min

赤ちゃんの皮膚は、まだまだ成長中で、大人の皮膚よりずっとずっと薄いのです。 ということはバリア機能も弱く、ちょっとした刺激でもトラブルが起こりがち。 ましてや、紫外線や虫刺されといった強烈な刺激を受けると、大人なら少し赤…

5月
24

安心も大事!効果も大事!蚊から赤ちゃんを守るには

P_iStock_000009775195XSmalls-min

蚊よけが必須商品になります。 スプレータイプや手首につけるリングタイプやシールなど肌につけるもの、屋内への蚊の侵入を防ぐものであれば、昔ながらの線香や電気式、吊るすものまで、種類が豊富すぎて、目移りしてしまうほど。 ディ…

5月
19

妊娠中の夏はつらい! おなかの赤ちゃんにやさしい夏バテ予防&対策は?

〇A2-20_08s-min

妊娠中、意外とつらいのが暑い季節。おなかに赤ちゃんがいることもあって、妊娠前よりも体温が高くなっていることも影響します。それなのに、エアコンで冷えるとおなかの赤ちゃんが心配とばかりに、我慢しがちといったこともあるでしょう…

1月
6

妊娠中。でも薬もあまり使いたくない…副作用のない花粉症対策はあるの?

A4_007s

妊娠すると、食の好みだけでなく、体質そのものが大きく変わることがあります。 アレルギー症状の出方もそのひとつ。 実際には、それまでよりもアレルギー症状がひどくなる人が1/3、変わらない人が1/3、かえって軽くなる人が1/…

11月
2

塗ったすぐあとでも、赤ちゃんのお世話ができるハンドクリームが欲しい!

s_AdobeStock_220964754

乾燥シーズンになるとやっかいなのが主婦湿疹。洗剤にかぶれることもありますが、頻繁な水仕事が原因で起こるようです。皮膚がぼろぼろにめくれ、かゆみがあり、また皮膚が荒れているところにまたさらに洗剤がしみて、とてもつらい湿疹で…

9月
15

妊娠中や授乳中、薬を飲みたくないときの風邪対策どうする!?

A2-12_05

風邪をひいたら早めに風邪薬を飲むという方は多いでしょう。でも、風邪薬を安易に飲みたくないこともありますね。そう、妊娠中や授乳中など、赤ちゃんへの影響を考えるとき。 さらに、妊娠中も授乳中も、ふだんだったらどうということの…

7月
7

○○○が使われているのどの痛み用スプレーは妊娠中や授乳中は使えない⁉安心なのどの痛みや咳対策って?

K1-04_13

のどが痛い時にはのど飴をなめたり、のど用のスプレーでファーストケアをする、ということも多いでしょう。 ただ、そのスプレー、よく読むと妊娠中や授乳中は使用しないようにと書かれていることがあります。 その理由の一つは、ヨウ素…

2月
4

その花粉症対策の点鼻薬は、妊娠中・授乳中でも安心して使用できますか?

-uE9bRZvON_wWHYQ_5PcUu7-XgyAxdcOK3hBUZSwU6o-Bv1fZQetLjBR0Q9b5L59x_1j_mkRLaai6LMpK5tc40c

妊娠中や授乳中に花粉症で鼻水・くしゃみがつらい時、どうしますか? マスクやうがいはもちろんですが、ほんとうは点鼻薬を使いたいところ。妊娠する前は花粉症には点鼻薬を使って対処していたけれど、という方も多いでしょう。 点鼻薬…