出産したら生理痛が軽くなったという話がある一方で、逆に生理痛が重くなったという話も少なくありません。これは確かに妊娠前とは違うホルモンバランスになったせいでもあるし、慣れない育児のストレスや疲れから起こることかもしれません。

通常なら鎮痛剤を使って対処するかもしれませんが、授乳中の場合はどうしたら?と悩むでしょう。また、卒乳後だったとしても生理のたびに鎮痛薬に頼りっぱなしというのも困りものだし、副作用も心配です。ではどう対処したらいいでしょう。

産後の生理痛が重くなる理由がわかれば解決法もわかる

産後の生理痛が重くなる理由は、ママ自身の体の問題と、育児する環境と、2種類に分かれます。

まず、ママの体の問題としては

◎胎盤の一部がまだ、子宮壁に残っている場合。胎盤は出産後すぐにはがれますが、部分的に残ってしまうことがあります。胎盤は子宮壁にただ貼り付いているのではなく、根差すようについている部分があるため、エコーなどでは残っているかどうかがわからないことがあります。ほかに子宮筋腫や、子宮内膜症のケースもありますから、生理痛がひどい時は出産した病院などで相談してみましょう。

◎お産で骨盤がゆがんでしまっている場合。赤ちゃんの頭が通過した骨盤は、産後しっかり休めてケアしないと左右が対象にならなかったり、恥骨がずれたままになり、腰痛もひどくなりがち。同時に骨盤内の血行も偏ってしまうことがあり、生理痛がひどくなることも。

一方、子育てする環境の問題としては、下記のようなことが。

◎赤ちゃんが続けて眠らないタイプだと、ママも一緒にひどい睡眠不足に。睡眠不足や慣れない育児のストレスによって血行も悪くなり、生理痛につながります。

◎体が冷えている場合。赤ちゃんのお世話で意外と大変なのが、沐浴以降のお風呂。特に
ママひとりで赤ちゃんをお風呂に入れる場合、湯船にゆっくり入れなかったり、上がってから赤ちゃんの湯冷め対策優先で自分はすっかり湯冷めしたり。体が芯から冷えてしまうことも生理痛にはよくありません。

体の内側・外側両方から、生理の状態を整えるメディカルハーブの働き

Frauenzeit-blue2s-minこうしたさまざまな要因から起こる産後の生理痛。解消するには、体を温めることと、リラックス、体調管理が大切ということがわかります。血行がいい体であることが、生理痛を楽にする第一条件です。

マリエン薬局のウーマンブレンドには、子宮の働きを正常にしてくれるレディースマントル、ラズベリーリーフ、シルバーウィード、バランスを整えるアグヌスカストゥスなどを配合。またメンタル面をリラックスさせるメリッサもバランスよくブレンドされています。体内の血行をよくし、内側から体をポカポカと温めてくれます。

60220_Regelstoerung_Oil-3s-minまた、生理痛の時にダイレクトにマッサージで楽にしてくれるのが、生理痛用アロマオイル。おなかに塗ってやさしくマッサージすると、メディカルレベルの精油が心身ともにほぐしてくれて、さする手の温かさで血行もよくなります。

生理痛ではなく、その前のPMSなら生理不順・PMS用アロマオイルで同じくおなかをマッサージ。生理の前に腹痛が起こる場合だけでなく、腰痛やイライラする気持ちを静めることで、生理痛にならないようにケアしてくれます。

マリエン薬局の生理痛対策アイテムに使われているのはいずれもメディカルハーブ。ドイツやEUの厳しい基準をクリアした医療品レベルのハーブを原料としています。古くからヨーロッパで使いこなされてきたハーブ、薬草の力を借りて、生理痛が軽くなる体質に変えていきましょう。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!