Baby girl with a pacifier is held by sleeping mother while on white background - Copyspace
産後すぐのママにとって、赤ちゃんの体調は何よりも気がかり。

母乳はしっかり飲めている?
体重が順調に増えている?
おしっこ・ウンチは大丈夫?

赤ちゃんのお世話を優先し1日どれだけ時間があっても足りない。そんな忙しすぎて心身ともに余裕がない産後ママが、どうしても後回しにしてしまうのが、ママ自身の心と体のケア、「産後ケア」です。

「産後ケア」は後回しになりがち

核家族が多く、赤ちゃんのお世話はママとパパだけでしなくてはならず、そのパパも仕事が忙しくて家庭を優先できずままならないことも多いですね。

育児の相談もどこに求めたらいいかわからず、周りのサポートも受けられない環境の中、「すべて私がやらなくてはいけない」と思い詰めて苦しんでいるママも多くいることでしょう。

そんなママにこそ、少しだけでも自分の体に目を向けてほしいのです。

赤ちゃんが生まれた家庭にとって、何よりも「ママの存在」が家庭の中心を担います。ママが心身ともに元気でいられてこそ、笑顔いっぱいで赤ちゃんと接してあげることができ、理想的な幸せ家族の実現につながります。でも、家族にとって大切なママのケアが後回しになっていることが多い状況です。

産後ママのケアを優先すべき理由とは?

もし、ママの産後ケアを怠った場合は、どういったことが起こってしまうのでしょうか?

たとえ「赤ちゃん最優先」と考えていたとしても、ママの体が追いつかずに、赤ちゃんのお世話さえも満足にできなくなってしまいます。
思うように動けないもどかしさに、ママは心にも大きなダメージを受けるのです。これでは本末転倒。

また、お産入院から退院して回復したつもりでも、本来妊娠・出産を経た女性の身体が回復するには6週間~8週間かかります。
本来は産後すぐに優先すべき必要な母体のケアを怠ってしまうことで、後に女性特有の症状がひどくなって長期化したり、更年期症状が出やすくなったりと、女性の一生として見た時に様々なライフステージで後々まで影響がでてくる可能性が高まるとも言われています。

さらに「産後うつ」という病名があるように、産後のバタバタのなかで物事が思うようにいかずに精神的ダメージが蓄積され、メンタル面だけでなく、体の不調にまでつながることも考えられます。

このように、「ママの体を最優先」しないことによる影響は計り知れません。
それならば、ただでさえ余裕がない日々の中で、どういった産後ケアを心がけるのが良いのでしょうか?

産後は「頼る勇気」がママと家族を救います。

まずはママの体力の確保が最優先です。ついつい赤ちゃんのお昼寝中に「家事をすましておこう」と、行動してしまいがちですが、少しでも「休む」ことが大切。空き時間は、心と体をいたわることを優先しましょう。
赤ちゃんと一緒に昼寝をしたり、ゆっくりお茶を飲むなど、普段できない自分一人の時間を過ごすことのリラックス効果は高いのです。

また、「勇気を出して誰かに頼む」ことも大切。
自分の両親に色々と手伝ってもらうことは精神的にラクかもしれませんが、必ずしも可能な環境にいる方ばかりではありません。
パパへの協力をお願いすることはもちろん、どうしてもヘルプが必要なときに助けてもらえる人がいるのかどうかはとても重要です。

助産師や地域の施設など、出産後のママの産後ケアを行っている機関も多くあります。産後ケアについてはアドバイスをもらったり、実際に通ってみるなど、積極的に母体の回復につとめることも長期的に見れば大変有効な手段です。

そして、ママ自身の食事を大事にしてください。赤ちゃんケアを優先するあまり、自分の食事に手をかけられなくなっている方も多いでしょう。
産後の体の回復だけでなく、母乳の質を良く保つためにもママの食生活は気にしておきたいですね。

食事を大事にする、と言っても、こった食事を作るという意味ではありません。
食材の宅配サービスや短時間でできるレシピを活用して、できる限り負担を軽減できるような工夫がおすすめです。

自宅で簡単にできる「おいしい産後ケア」があります。

Haustee-01手軽な方法で体の中から産後ケアに働きかける方法として、ハーブティーの飲用があります。ハーブの本場ドイツでは、出産前後のママのほとんどが、メディカルハーブティー(体への効果が認められているハーブティー)を日常的に飲用しているというデータもあります。

産後ケアに効果のあるハーブティーを飲用することは、後陣痛の緩和や、悪露の排出サポート、リラックス効果と睡眠の質改善、子宮機能の回復促進といった、産後ママにとって必要な体への働きかけが大きく期待できます。
なにより、口にするものには特に気を遣うこの時期に、体ケアに効果的で安全な飲み物があることは、ママにも赤ちゃんにも安心です。

ハーブの本場ドイツで160年以上続く老舗のマリエン薬局では、産後ママの体の回復をサポートするメディカルハーブティー産後ケアブレンドを取り扱っています。
出産直後から産後2ヶ月頃までの、特に母体の回復のための産後ケアが優先的に必要な時期に飲用をおすすめしており、これまで多くの産後ママの体の回復の役に立ってきました。

赤ちゃん優先になりがちな産後時期だからこそ、家族の笑顔のためには、何よりもまず「ママの笑顔」が一番。ママが元気でいられるように、温かいハーブティーが産後ケアとリラックスにお役にたちますように。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

●関連記事
赤ちゃんが生まれて幸せなはずなのに、「うつ」なんて。その原因は?解決策は?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!