A2-12_03妊娠中は、インフルエンザにかかると重症化しやすいと言われています。

免疫力が低下しやすい妊娠中は特に注意が必要なのです。

このため、妊娠月齢を問わず、インフルエンザの流行シーズン前には予防接種を受けることが推奨されています。

では、予防接種さえ受ければ、インフルエンザ対策は万全なのでしょうか。

そうではありません。
予防接種を受けても、まったくかからないわけではないのです。

万が一かかってしまった場合は、症状が軽く済むというメリットはありますが、基本的な免疫力がインフルエンザの症状を左右するのです。

インフルエンザウイルスは胎盤を通じて赤ちゃんに影響することはありません。

でも、母体が高熱を出したり、ひどい咳などで酸欠状態になったりすれば、血流の血液内の酸素量も落ち、おなかの赤ちゃんが苦しい状態になってしまいます。

だから、インフルエンザにはかかりたくないし、万が一かかっても軽い症状ですませるようにしたいものです。

症状を軽くすませる、またインフルエンザにそもそもかからないための鍵を握るのは「免疫力」。

そのバランスをキープするには、しっかり休養をとり、栄養バランスのいいものを食べて、腸内フローラ(腸内細菌叢)を整えること。

気持ちの面でもリラックスしていることも大切です。
ストレスフルな生活は免疫力を低下させる引き金になるからです。

免疫力対策は、一般的な薬ではできません。
また、風邪やインフルエンザウイルスに負けない体づくりは、長期にわたって行うことになるため、ナチュラルなものでしたいもの。

その応援をするのがマリエン薬局のアイテムです。

マリエン薬局の風邪対策ブレンドは、ハーブティーの中でもメディカル品質のハーブを用いた、風邪やインフルエンザウイルスに負けない免疫力をサポートします。

発汗性にすぐれたメディカルハーブの働きで、単に温かいお茶を飲んだだけではなく、体の芯から温まるのを実感できるでしょう。

イミューンパワーは完全ナチュラルな材料だけで作られた、免疫力サポートカプセル。

腸内フローラに欠かせない善玉菌をプラスして、バランスを整える働きがあります。

食事だけではとりきれない、免疫力バランスに必要な栄養素摂取に貢献します。

IRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレーは、鼻粘膜に直接スプレーすることで、粘膜細胞そのものの免疫力を高め、長期的に使うことで鼻からの風邪をひきにくい体質に変えていくこともできます。

こうした妊娠中や授乳中にも使えるナチュラル処方の風邪対策アイテムは、体の内側からと外側からと両方からアプローチして使うのが、相乗効果でより効果的です。

どれを選んだらいいか迷わずにセレクトできるようにセットになっているのが、マリエン薬局の妊娠中・授乳中の風邪・インフルエンザ予防対策セット

風邪対策をセットで始めてみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!