P_iStock_000006111916Smalls-min妊娠中期も後半になって、大きくお腹が膨らんでくると、幸せ感もぐっと膨らんできますね。

それと同時に起こりやすいのが「お腹の張り」。

お腹の張りは、もしかしたら妊婦さんにしかわからない感覚かもしれません。

たとえば便秘してガスがたまって張っているというのとは全然違う感覚ですよね。

おなかがパンと張っている感覚ではありますが、実際には子宮がきゅーっと縮こまっている状態が、お腹の張り。

子宮は筋肉でできた袋で、刺激を受けると収縮します。

この刺激とは、触診などの物理的な刺激もありますが、体が冷えたりといった温度による刺激もあります。

また、赤ちゃんが大きくなってきて胎動が激しくなると、それも刺激になることも。

気持ちの面でのストレスによっても起こることがあります。

こんな風に、おなかが大きくなってくる時期には子宮収縮=お腹の張りはよく起こること。

すごく強く張る、出血を伴う、張る間隔が周期的でだんだん短くなるといったことがなければ、体を安静にして様子をみても大丈夫。

横になったり座ったりして休むうちにおさまってくる程度なら、なるべく安静にして過ごして、次の健診でしっかり診てもらえば安心です。

逆に言えば、痛みを感じるほど強く張ったり、間隔が短くなったり、ましてや出血しているという時には急いでかかりつけの先生を受診しましょう。
生理的な原因ではなく、特別な予防や対策が必要となる場合もあります。

生理的なお腹の張りは休めばおさまる、とはいっても、このお腹の張りはけっして気持ちのいいものではありません。

もちろん、お腹の中の赤ちゃんは羊水の中に浮かんでいる状態なので、子宮が収縮したからと言って、ぎゅうぎゅう締めつけられるようなことはありませんが、妊婦さんとしては不安にもなることでしょう。

こうしたお腹の張りを、薬などではなく、また寝ているだけでなく、もう少し積極的に解消していく方法が、自然療法にはあります。

マリエン薬局のメディカルハーブティー、マタニティブレンドは、妊娠中の体と心を快適にしてくれるメディカルハーブをバランスよくブレンドしています。

新陳代謝力をアップするネトル、気持ちを落ち着けるセントジョーンズワートやメリッサ、そして、子宮の働きを整えてくれるレディースマントル。

レディースマントルは古くから女性のためのハーブとして親しまれてきました。

妊娠中、ちょっとしたことで張りやすくなる子宮の緊張もなだめてくれます。

安産の日まであと少し。
お腹の赤ちゃんとの日々を快適に安心して過ごすために、マリエン薬局のマタニティブレンドをお役立てください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!