maternity_addtional_relax-1s-min妊娠中は風邪をひきやすいものだから、とにかく手洗い・うがい・マスクを徹底、予防に抜かりなし!

…と思っていても、やっぱり風邪をひいてしまうことはあります。

特に、通勤しなくてはならないワーキング妊婦さんは、職場だけでなく満員電車など、どこで風邪ウイルスをもらってしまうかわかりません。

早く治すには免疫細胞が働きやすい体環境を作ることが大切

風邪をひいてしまったら、とにかく温かくして体を休めることが優先です。

消化のいいものを食べ、睡眠をしっかりとること、余計な外出は極力避けること。

では、それがなぜ、風邪を治す近道なのでしょうか。

体を温めるのは、体温を上げることでウイルスの働きを弱めることができるから。

そして、体の中に入ってしまった風邪ウイルスを退治するのは、Tキラー細胞、マクロファージなどの免疫細胞たちです。

免疫細胞が活発に働くことができるのは、体力がほかのことに使われないことが大前提。

睡眠不足で疲れていたり、食べ過ぎて消化に回すエネルギーに体力を消耗していたのでは、免疫細胞を働かせる余力がなくなってしまうのです。

この免疫細胞がしっかり働くための体環境を作る方法は、体を休めること以外に、もう一つあります。

免疫細胞が働きやすい環境を整えるイミューンパワー

maternity_ImmunPower_E-2s-minマリエン薬局のイミューンパワーの主成分の1つに、グルカンがあります。

グルカンは、免疫細胞であるマクロファージ(食細胞)やナチュラルキラー細胞を活性化します。

イミューンパワーに配合されているのは、免疫細胞を活性化できる特殊な結合を持つグルカンなのです。

腸内フローラを整えることが、免疫力アップの近道といわれていますが、よい腸内細菌をサプリメントなどでとるだけでは、ほんとうの免疫力アップにはつながりません。

免疫細胞を働かせる成分と合わせるからこそ、の力を、イミューンパワーが発揮させます。

イミューンパワーを使うことは、ひいてしまった風邪ウイルスの退治にも貢献し、またそもそも風邪をひきにくい体質づくりにも役立ちます。

また、妊娠後期の妊婦さんなら、産後、赤ちゃんのためにも、一緒に使える免疫力アイテムを出産準備に加えませんか?

マリエン薬局の免疫力対策レメディウムは、体が本来持っている免疫力を引き出します。

小さなショ糖粒で、副作用の心配もないため、生後すぐの赤ちゃんにも安心して使えます。

産後のママの体にももちろん使えて、イミューンパワーとの併用でさらに風邪などのウイルスに負けない体づくりに役立ちます。

体を芯から温めて、風邪ウイルスを撃退するには?

A2-12_05s-minまた、風邪対策の「体を温めること」としては、靴下をはいたり、ゆっくり入浴したりといったことがありますが、これらは外側からの温熱効果です。

体の芯から温めるためには、体を温める食べ物や飲み物を積極的に摂ることが近道。

でも、ただ単に温かいお茶を飲むというだけでは、利尿作用でかえって体を冷やしてしまうことも。

やはり体を温める薬効を持つ飲み物を選びたいものです。

風邪対策ブレンドは、発汗作用があり体を温めるリンデンフラワーが主なブレンドハーブ。

抗炎症作用のあるリンデンフラワーやプランタゴ・ランセオラタ、気管を守るタイムなどが、お互いの作用を高め合う比率でブレンドされています。

原料のハーブはすべて、厳しい基準をクリアしたメディカルハーブ。薬効成分がEU(欧州) 薬局方及び、ドイツ薬局方で認められています。

風邪ウイルスは、胎盤を通っておなかの赤ちゃんに届くことはありませんが、ママの体調がすぐれない状態が続くことは心配です。

ナチュラルケアでも早く治す方法があること、知っておいて役立ててくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!