maternity_familienzeit_A-7ss-min安定期に入って、つわりも終わって、マタニティ生活を楽しめる!…はずなのに、なんとなく不安だったり、イライラしたり、気持ちが不安定になったりしませんか?

妊娠初期は、ホルモンバランスが急激に変化する影響で、気持ちも不安定になりがちですが、妊娠中期・後期のメンタルバランスの不安定さは、ホルモン分泌とは関係ないともいわれます。

それなのに、ついパートナーや家族に八つ当たりしてしまったり、不安感で眠れなくなったり、といったことは実際に起こります。

これはどうしてなのでしょうか。

妊娠中ならではの体調の変化が、気持ちにも影響が…

そんなときは体力が落ちているせいかもしれません。

妊娠中、おなかに赤ちゃんがいるだけで、体には大きな負担がかかります。
摂取した栄養は赤ちゃんのために優先的に使われ、特に妊娠後期になれば体を循環する血液の量は通常の1.5倍にもなり、内臓の様々な部分や血管にも影響します。

体が疲れると、気持ちに余裕がなくなって、イライラしたり、気分が前向きにならなかったり、という経験は妊娠前にもありませんか?

妊娠中は体が疲れやすくなっているために、メンタルヘルスにも影響していることが考えられます。

また、だんだん出産予定日が近づいてくると、お産そのものへの不安な気持ちもでてくることでしょう。

無事に元気な赤ちゃんを出産できるか、陣痛に耐えられるのか、帝王切開が決まっている人は手術に対する不安もありますね。

こんな風に、妊娠中期・後期は、単なるホルモン分泌の影響ではなく、いくつかの理由があって気持ちが不安定になりやすいものです。

こうした気持ちと体を元気にして、安産に備えることができるのが、マリエン薬局のマタニティブレンドです。

安心して飲めるメディカルハーブティーで妊娠中の体調管理

maternity_familienzeit_A-21s-min体が元気になると、メンタルも落ち着いてきます。マタニティブレンドには、妊婦さんの心身をともに健康にするメディカルハーブをしっかり配合しています。

新陳代謝を良好にし、鉄分などミネラルの吸収をよくするネトル、子宮の働きを整えるレディースマントル、メンタルバランスを整えるセントジョーンズワートやメリッサなどのメディカルハーブが、妊娠中の心と体両方をサポートします。

A1-01_41s-minこの原料となるメディカルハーブは、ドイツの薬局方の基準に従って分析され、薬効成分の確かな量と有害物質を含まないことが証明されたハーブで、これを自然療法師という国家資格を持ったスタッフによって、より効果を引き出す配合でブレンドされています。

一般的な食品としてのハーブとは異なるハーブティーが、マタニティブレンドです。

また、「安産のためにできる準備をしている」という気持ちから生まれる自信も、お産への不安感を減らしてくれます。

安産するその日までの毎日を、元気に快適に過ごすためのマタニティブレンドは、妊婦さんのメンタルバランスも守ります。

●関連記事
赤ちゃんが待ち遠しい幸せな妊娠中なのに、多いうつ症状。その原因は自律神経の乱れ

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「マタニティブレンド」妊娠中のメンタルケアもできるメディカルハーブティーなら
マタニティブレンド

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!