投稿された月で探す

タグから記事を探す

4月職場復帰 pm2.5 SIDS UV あせも アトピー アトピー性皮膚炎 アルコール アレルギー いつから イライラ インフルエンザ うつ オイル オキシトシン おすすめ おむつかぶれ おりもの お腹の張り お酒 カフェイン かぶれ カモミール かゆみ かゆみ止め カレンデュラ クーラー くしゃみ ケア コーヒー ココア サポート サンケア シミ スキンケア ステロイド ステロイド剤 ストレス セルフケア ダイエット タバコ つまり つわり デトックス デリケートゾーン ドライアイ ドリンク ドロップ ナチュラルケア ナチュラルコスメ ナチュラルスキンケア におい ニコチン のど のど風邪 のど飴 ノロウイルス ハーブ ハーブティー はちみつ大根 ハンドクリーム フェンネル ブタクサ プロラクチン ベビーマッサージ ホルモンバランス ホルモン分泌 マスク マタニティ マタニティブルー マタニティブレンド マタニティブレンド 危険 マタニティブレンド 安全性 マッサージ マッサージオイル ママ ミルク むくみ メディカルアロマオイル メディカルハーブ メディカルハーブティー めまい メンタル メンタルケア メンタルヘルス ゆらぎ肌 よだれ ヨモギ ラズベリーリーフ リステリア菌 リラックス レメディウム ロタウイルス ワーキングママ 不眠 不順 中耳炎 主婦湿疹 九州 乳児 乳児湿疹 乳児脂漏性湿疹 乳腺炎 乳首 乾燥 乾燥性皮膚炎 予防 人気 代謝 会陰 低気圧 体調不良 体調管理 体質 体質改善 便秘 保湿 保育園 信頼ホルモン 偏頭痛 免疫力 入園 再開 冷え性 出産 出産中 出産予定日 出血量 切れ痔 切開 初期 副作用 助産院 効果 化粧品 医療関係者 卒乳 危険 原因 口コミ 吸収 呼び出し 品質 喘息 嘔吐 回復 夏バテ 夜泣き 大分県 妊娠 妊娠中 妊娠中の花粉症 妊娠中の風邪 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊娠線 妊婦 妊活 子ども 子宮 子宮復古 安全性 安産 安眠 寝ない 対処 対処法 対症療法 対策 市販薬 幸せホルモン 張り 影響 後期 後陣痛 復職 微弱陣痛 悪露 成分 抗アレルギー薬 抜け毛 授乳 授乳中 授乳中の花粉症 授乳中の風邪薬 改善 敏感 敏感肌 整える 断乳 新生児 新生児ニキビ 新薬 方法 日光浴 日焼け 日焼け止め 日田市 服用 朝倉市 母乳 母乳不足 母乳育児 母乳過多 毒素排出 気圧 気象病 水分補給 汗疹 沐浴 治し方 洗顔 添加物 湿布 湿布薬 湿度 湿疹 災害 点鼻スプレー 無償提供 無添加 熊本県 熱中症 片頭痛 生理 生理痛 産婦人科 産後 産後うつ 産後ケア 疲れ 症状 痛み 発熱 睡眠不足 禁忌ハーブ 禁煙 禁煙グッズ 禁煙対策 紅茶 紫外線 経皮 緑茶 老廃物排出 肌荒れ 肥立ち 肩こり 育休復帰 育児 胃腸 胃腸炎 胃腸風邪 胎児 胎児性アルコール症候群 腰痛 腸炎ビブリオ 自律神経 自治体 自然災害 自然療法 自然薬 花粉症 花粉症対策 蚊よけ 被災地支援 裂傷 解消 詰まり 豪雨 貧血 赤ちゃん 軽減 重い 鉄分 陣痛中 離乳食 震災 頭痛 風邪 風邪予防 風邪薬 食中毒 食物アレルギー 食物アレルギーによる湿疹 飲み物 飲酒 鼻づまり 鼻水 鼻炎 鼻炎薬 鼻風邪

オススメ記事

9月
1

何とかしてあげたい赤ちゃんの咳。ひどくなる前におうちでできる対策とは?

B5-04_06s-min

授乳中の赤ちゃんも、風邪をひくことはあります。まだたくさんの菌に出会ったことがない赤ちゃんは、それだけ免疫力も弱いのです。ママがかかったことがある病気なら、妊娠中や授乳を通して抵抗力をもらうことができますが、それも生後6…

2月
2

赤ちゃんの鼻づまり、大泣き必至の鼻吸い器以外に、解消法があります!

B5-04_11

赤ちゃんの鼻の穴は、体と同様とても小さいです。とてもかわいいですが、その分、とても詰まりやすく、風邪をひいていなくても、呼吸のたびにフガフガいうことも。そんな小さな鼻腔だから、鼻風邪をひいて鼻水がたくさん出ると、あっとい…

3月
3

妊娠したいと思ったら、すぐに始めるべきこととは?

young woman in the wheat field enjoying the sun

不妊に悩む人が増えているため、雑誌やニュースなどでも取り上げられることが多く、「妊活」「ベビ待ち」というワードも、すっかり一般的になりました。 妊娠を希望する女性にとって、妊娠しやすい体づくりが大切だということは、よく耳…

11月
17

妊娠中なのに風邪ひいちゃった! 風邪薬ではない方法で早く治すには?

maternity_addtional_relax-1s-min

妊娠中は風邪をひきやすいものだから、とにかく手洗い・うがい・マスクを徹底、予防に抜かりなし! …と思っていても、やっぱり風邪をひいてしまうことはあります。 特に、通勤しなくてはならないワーキング妊婦さんは、職場だけでなく…

1月
8

会陰切開しないですむ!? しても傷の治りが早くなる!会陰マッサージのやり方公開

perineum

お産の時、赤ちゃんが出てくる産道の出口は大きく押し広げられます。腟口から肛門にかけての一帯を「会陰部」と呼びますが、この会陰部が、お産の時には強い力で引っ張られ、赤ちゃんの頭が出づらい時には、会陰切開することもあります。…

8月
17

授乳中のママは成人男性の倍の鉄分補給が必要! ナチュラルな貧血対策って?

6 サーモン・チーズ・ハムのアソートs-min

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのためにせっせと貧血対策をしていたというママも少なくないでしょう。肉や貝類の赤身や、牛乳、野菜ならほうれん草、プルーンなど鉄分豊富な食材をとり、さらには処方された鉄剤も飲み…と、頑張ってきたのに…

12月
9

警報!産後の砂漠肌。今までのスキンケアで大丈夫!?忙しい産後のママでも続けられる簡単スキンケアって?

E2_59

長い時間をかけて子宮で赤ちゃんを育てきた女性の体は、出産すると同時にホルモンバランスが激変します。妊娠を維持するために大量に出ていたプロゲステロンの分泌量が急激に減り、かわって母乳を出すためのプロラクチンが激増。 産後の…

7月
7

○○○が使われているのどの痛み用スプレーは妊娠中や授乳中は使えない⁉安心なのどの痛みや咳対策って?

K1-04_13

のどが痛い時にはのど飴をなめたり、のど用のスプレーでファーストケアをする、ということも多いでしょう。 ただ、そのスプレー、よく読むと妊娠中や授乳中は使用しないようにと書かれていることがあります。 その理由の一つは、ヨウ素…

8月
30

母乳過多=乳腺のつまりの原因とは限らない! 乳腺炎の解消も予防もできる母乳質にする方法

A4_122s-min

母乳はたくさん出ている分、胸が張り、乳腺がつまっているみたいと感じる時。 母乳にいいと言われる飲み物を飲むとかえって母乳が出すぎて乳腺炎になりそうだし、冷やしてケアするにしても、冷やし過ぎて出が悪くなるのも困るし、どうし…

9月
22

産後の疲れ目、原因は血液不足。目まで血流を十分届かせるにはどうしたら?

P_iStock_000014097134Smalls-min (1)

体のことについての昔の人の知恵は、当時は科学的な証明はなかったのに、実に理にかなっているということがよくあります。産後は本を読んではいけない、というのもその一つ。 それは、産後はリラックスしていた方が母乳育児がスムーズだ…