Mueckenlotion_R4_2-1s-min一緒に寝ているはずなのに、赤ちゃんの方が蚊に刺されてしまうこと、ありますね。ママもパパも、蚊に刺されるのはもちろんいやだけど、赤ちゃんが刺されてしまうよりはずっとまし!と思ったりしませんか?

だって赤ちゃんの肌は表皮がまだまだ薄くてデリケートだから、蚊に刺されるとびっくりするほど赤く腫れてしまうことがあるからです。

なぜ赤ちゃんが狙われる?蚊の好む条件って?

それなのになぜ、赤ちゃんばかり刺されてしまうのでしょう。よく「おいしそうだから」なんていいますが、ちゃんと理由があります。蚊が好んで刺す3大条件がそろっているからなのです。

1 体温が高いこと
2 呼吸数が多いこと
3 汗っかきなこと

赤ちゃんの肌は、この3つすべてそろいます。新陳代謝が活発な、健康な赤ちゃんだからこそ蚊に狙われてしまうことに。ちなみに、赤ちゃんは大人と同じ数の汗腺を持っているといわれます。でも体の表面積が小さいので、狭い範囲に集中して汗をかくということになってしまうのです。

蚊から守ってあげたいけど、蚊よけの薬剤の影響も心配

夜、眠る時の蚊よけ対策としてよく使われるのは、線香や電子式で蚊よけ剤を空気中に撒く方法です。でも、赤ちゃんにはあまり吸わせたくない空気となってしまいます。肌に塗るタイプの蚊よけアイテムの場合、お風呂上りに塗るのはちょっと抵抗が、ということもあるかもしれません。

赤ちゃんだからこそこだわりたい天然原料のみできた蚊よけアイテム

お風呂上りでも安心して肌に塗れるのが、マリエン薬局の蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローションです。天然成分100%だから安心、でもそれだけではありません。蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローションは名前通り、かゆみ止めの効果もあります。

配合されているメディカルハーブ原料の精油が肌の炎症をしずめる働きをするから。また、未加工のココナツオイルやカカオバターをはじめとする肌を修復する植物オイルによって蚊よけローションでありながら、保湿作用もあるのです。しかも、この未加工のカカオバターは、加工されると消えてしまう、蚊がいやがる匂いがしっかり残っている油分です。

赤ちゃんの肌を蚊から守り、さらにバリア機能もアップしてくれ蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション、親子で安心して使って虫刺されあとのない夏を過ごしてくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!