Fotolia_73508359_Ms-min花粉症というと、春先に飛ぶスギやヒノキ花粉がイメージされますが、夏から秋にかけてもイネ科などの花粉がたくさん飛びます。代表的なのが、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど。また、花粉症は鼻水・くしゃみ、目やにや目のかゆみといった症状がメインに思われますが、ブタクサはのどの症状に出やすい特徴があります。

ブタクサの花粉粒子がこまかく、気管に入りやすいことが理由です。風邪のように熱っぽさはないのに、いつまでも咳が続いたり、のどがいがらっぽい感じがずっと続く場合は、もしかしたら花粉症かもしれません。

秋の花粉症対策、春とちょっと違う点は?

このやっかいな夏から秋の花粉症、予防策はどうしたらいいでしょうか。もちろん基本中の基本は花粉を体内に入れないこと。ですが、春先のように肌をツルツルした繊維の生地で覆うことや帽子をかぶることは、暑い季節にはつらいもの。特に必須ともいえるマスクは汗で蒸れて春先の何倍も不快ということも。

だからといって薬だけで抑え込むのも、副作用が心配だったり、使い続けることでだんだん効かなくなったら、という心配もありますね。しかも妊活中だったり、妊娠中、また授乳中の場合は特に、薬を使うことへの抵抗感もあるでしょう。

もっと体にやさしい対症療法を使ったり、また免疫力バランスをよくしていくことで予防したり解消していきたいものです。

免疫力そのものを正常に働かせていくナチュラルケア

副作用の心配がなく、使いやすいのがナチュラルな成分のアイテムたちです。とはいえ、ナチュラルアイテムは効き目がいまひとつ、と感じたこともあるかもしれません。

そこがマリエン薬局のアイテムの場合、アプローチが違います。単にナチュラルというのではなく、メディカルレベルの原料を使用し、また免疫力そのものにアプローチする形で対策できるからです。

免疫力対策レメディウムは、自分の体内にある免疫力バランスを整える力を引き出します。免疫力は強く働きすぎるとアレルギー症状が起こりやすくなるし、弱くなれば感染症などにかかりやすくなってしまいます。体を守る最適なバランスに保つ力を引き出すのが、免疫力対策レメディウムです。

花粉症・鼻炎用ナチュラル点鼻スプレーは、主成分のムコールバリアンスエキスが細胞間の働きをスムーズにして、花粉に刺激されても炎症を起こさないように鼻粘膜に働きかけます。ほぼ無臭で刺激もなく、長期間使うことで鼻炎が起こりにくいように体質改善していくことも可能です。

鼻用レメディウムのど用レメディウムは、花粉症、風邪にかかわらず、鼻やのどの症状全般を楽にしてくれます。レメディウムは小さなショ糖粒をなめるだけなので、小さなお子さんから安心して手軽に使うことができます。自分の体にある力を引き出す働きかけなので、副作用の心配もありません。

鼻用アロマオイルのど用アロマオイルは、メディカルレベルのハーブを原料にした精油の力で鼻症状、のどの症状を楽にします。キャリアオイルですでに希釈されているので、そのままのど周りの皮膚、鼻の周りや鼻粘膜にも塗ることができます。キャリアオイルにも高品質の植物油を用いています。

そして、花粉によってのどがイガイガしたり、咳が止まらない時には咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ。なめるメディカルハーブティーとも呼ばれ、医薬品レベルの薬効がドロップに凝縮されています。のど粘膜を保護する力もあり、なめるだけでマスクをしているのと同じような効果を発揮します。

のどにも症状が出やすい秋の花粉症にも、マリエン薬局のナチュラルアイテムで対策してくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!