About us

継承された薬局としての長い経験と揺るがぬ信念、確かな信頼があなたのライフスタイルに寄り添って、健康と美をサポートします。

マリエンは、ドイツのハーブアイテム専門のオンラインショップです。

ドイツの製造所で、原料の仕入れから製造、梱包・発送までを一貫して自社で行い、日本のお客様の元へ、空輸により直接お届けしています。

マリエンのはじまりは、1858年にバイエルン州の小さな町、プリーン市に開業した薬局でした。創業当時から、薬局では主に植物を原料とした製品を扱っていました。

1961年以降は、共に薬剤師で兄妹でもあったフリッツ ・ロイター博士と、母乳育児ブレンド(ハーブティー)の開発者、ハンネローレ ・ワーケンティンの2人が、約160年もの歴史の中で蓄積されてきたレシピを伝承しながら、自然療法のためのアイテムの開発を続けてきました。

日本での販売は、2000年にスタートしました。ハンネローレの息子と結婚した日本人女性が、自身の出産・育児で、義母の薦めで経験した母乳育児ブレンドの魅力を、日本の友人たちに紹介したことがきっかけでした。最初は口コミで評判が広がり、やがて多くのママたちや助産師の方々からの信頼と、予想しなかったほど多くの喜びの声を得るようになりました。

現在では、ハーブティーからナチュラルコスメまで、60を超える製品をラインナップし、これまでに約17万人の日本のお客様へお届けしています。さらに2020年からは世界中に製品を発送できる体制を整えました。


2020年、マリエン薬局は、「マリエン」と名称を新たにしました。

マリエンでは、女性ひとりひとりのライフステージに寄り添い、ご本人はもちろん家族全員のQOL(生活の質)を高めるために、その姿勢を変えることなく製品の開発を行っています。これからも、長年の研究と知見が培ったハーブの専門知識とすみずみまで心をこめた製品を発信しお届けしすることを使命と考えています。


「自然であること(ナチュラル)」と「継続すること(サスティナビリティ)」

マリエンのハーブティーのパッケージを開けると、美しいハーブの花がそのまま残っているのに気付かれるでしょう。それは、徹底した原料保持と丁寧な品質管理の証です。

原料にとっての負荷を最小限に抑えるために極力加工せず、製造から検品まで、熟練した手作業や目視を省くことなく行われます。

それにより、ハーブに含まれる成分は、お湯を注ぐ直前にリーフを軽く叩くことによって、はじめて放出されます。だからこそマリエンのティーには、限りなく自然な風味や香り、そしてそれぞれのハーブの持つパワーがまるごと含まれているのです。

また植物に含まれる貴重な精油など、自然のままの状態で製品に保持されているのです。

精油・オイルなどを使う化粧品の製造工程でも、大型の機械の熱による酸化を防ぐため、小ロットで低温を維持し、手作業にこだわって本来の純度や性質を守ります。

また、マリエンは、地球環境を守りサスティナビリティの高い仕事を早くから実践してきました。

エコ先進国のドイツでも、マリエンの故郷プリーンは、町全体がエコロジーへの意識が高いことで知られています。アルプスの峰々を映すキム湖のほとり、のどかな風景に抱かれたプリーンの人々にとって、自然と共に生きることはまさに自然なことです。

当然ながらマリエンでも太陽エネルギーの利用やバイオガスを用いた発熱・発電複合装置の使用、カーボンニュートラル保証付きの配送方法(GO GREEN(ゴー・グリーン))を採用しています。ティーバックの素材は、接着剤不使用の土に還る素材です。また共に仕事をする納入業者は、マリエンと同様の企業姿勢を持っています。

マリエンは、長い歴史の中で継承してきた、自然の恩恵を生かし敬うスタイルを大切に守り続けながら、これからも成長していきます。